ハーバードの人生を変える授業 ⑫

 

ハーバードの人生を変える授業

 ワーク6、「思いやりの心をもつ」である。

「以下引用」

「思いやりの瞑想」をする。

 静かな場所を見つけ、いすか床の上に足を組んで座りましょう。首と背中をまっすぐにし、心地よい状態になるようにしてください。眼は閉じていても開いたままでもかまいません。鼻や口から深く息を吸い込み、心を落ち着かせ、お腹の奥まで空気を満たしてから、ゆっくりと息を鼻や口から吐き出してください。
 さあ、誰かのために思いやりのある行動をし、感謝されたときのことを思い出して、心の目でその人の反応を思い返してください。そしてその反応をしっかりと感じてください。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 困った。誰かのためにした思いやりのある行動が、全然思い浮かばない。

 うーん。

 今、ふと思い出したのは、以前、このブログにも書いた、親切にして人に騙された経験である。

 うーん。

 あ、そう言えば、昔、車がパンクしていて、困っているおばちゃんのタイヤをスペアと交換してあげたことがあった。あの時、おばちゃんがどんな感じだったか、全く思い出せない。

 思いやりのある行動、ちょっと心掛けるようにします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑪

 

 ハーバードの人生を変える授業

 ワーク5は、「意義を見いだす」となっている。

「以下引用」

 富でも名声でもなく、幸せこそが人生の価値を決める「究極の通貨」だからです。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 無い物ねだりなのか、私は富も名声も欲しい。ついでに美貌も(笑)。

 そんなに執着しているという訳では無いが、やっぱりお金は大切だと思う。自分の経験上、貧乏って本当に切な苦しい。

 名声っていうのは世の中の人に認められるっていう事だから、やはりそこは目指さなければならないと私は個人的には思っている。

 誰からも認められず、貧乏のどん底で、「自分は幸せだ!」などと胸を張っても、それってどうなんだろう? と私は個人的には思う。

 金とか名誉だとかが全てじゃない何てことはもちろん判っている。

 しかし、強欲な私は、富も名声も幸福も手に入れる人生を目指す。
 美貌は諦めた(涙)。

「以下引用」

 1~2週間、毎日の行動を記録してみましょう。1日の終わりに、その日何にどのくらい時間を使ったか書き出してみるのです。電子メールの返信に15分間、テレビを見る(ママ)のに2時間、といった具合です。分単位で区切るような正確なものである必要はありませんが、1日の様子がわかるものでなければなりません。
 週の終わりには、それぞれの行動がどれぐらいの意義や楽しみを与えてくれ、どれくらいの時間を費やしたか、一覧表をつくってください。そしてその横に、その行動にもっと時間を費やしたいのか、減らしたいのかを書き入れます。
 もっと時間をとりたいのなら「+」記号を、大幅に増やしたいときは「++」記号を書き入れましょう。時間を減らしたいのなら「-」記号を、大幅に減らしたいときは「--」の記号を書き入れてください。現状のままでいいとき、または何らかの理由で時間の変更はできない場合は「=」記号を書き入れましょう。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 行動の記録をブログにアップするかどうかはまだ決めていない。
 理由は、ちょっと恥ずかしいような気がするから……。
 そう、私は恥ずかしがり屋の38歳(射手座)。

 とりあえず、一週間、記録をしてみて、その上でアップするかどうかは検討するつもりだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑩

 

ハーバードの人生を変える授業

 ワーク4は、「仕事への考え方を変える」となっているが、「毎日勉強する」に変えた方がより良いだろう。

「以下引用」

 幸福で成功している人は、ずっと学びつづけています。つねに疑問をもち、まわりの世界に対する好奇心をもちつづけているのです。自分のための勉強は、人生のどの時点にいようと、つまり15歳であっても115歳であっても、学生であろうと同じ職場に25年間勤務していようとはじめることができます。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 学ぶという行為は、人間にとって間違いなく快楽である。で、あるにも関わらず、勉強は辛い物だ、というある種呪縛的な言葉が世に溢れている。これは誤った捉え方だ。

 本当は、勉強に励もうとしたのに理解出来ずに行き詰まってしまったり、挫折してしまう事が辛いのだ。

 本書、ワーク4には、「毎日決まった時間を勉強にあてるようにしてください。」と書いてある。
 私はブログを書く、という動機を勉強へのモチベーションの一つにしている。日々の勉強の成果を、結構ブログのネタにしているのだ。

 勉強する本質的な目的は、学ぶというそれ自体が快楽であるからだし、自らの人生をより豊にしたいからである。

 更に本音を包み隠さずに言えば、自らの学びをゆくゆくは収入に結びつけられないだろうか、という下心もほんの少しだけ秘めてはいる。残念ながら、その、見通しは全く立っていない……。

 勉強というキーワードが出てきて、奇しくも、本日友人とランチを一緒にした時に出てきた言葉を思い出した。

「明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい」

 誰の言葉なのか判らなかったので検索してみたところ、どうやらマハトマ・ガンジーの言葉らしい(自分で言っておきながら、Hさんスンマセン)。

 私はこの言葉を、このように読んだ。

「明日命を絶たれても悔いのない毎日を生きなさい。どこまでもたゆまず学びを求め続けていきなさい」

 よーし。

「勉強しまっせ♪ 引っ越しのサカイ♪」

 じゃあ、そーゆーことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑨

 

ハーバードの人生を変える授業

 ワーク3は、「運動する」となっている。

「以下引用」

「運動しない」ことは「憂うつになる薬を服用しているのと同じようなもの」なのです。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 運動が大切だと言う事は判っている。判っちゃいるけど、なかなか続けられない。

 私は現在、週に一回、空手の稽古に勤しんでいるが、本書には、「最終的には1回につき45分の運動を週4回できるようにしましょう。」と書いてある。

 うーん、厳しい。

 人生を変えるのが目的なんだから、当たり前か。

 まあ、徐々に運動の機会を増やしていく事にしよう。ブログをやるようになって気がついたのだが、どうやら、私は、マイペース人間と言う側面も持っているようだ。

 よし、まず第一歩として、今週から、木曜日以外の日に、ウエイト・トレーニングの曜日を設ける事にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑧

 Photo

 ワーク2は、「習慣化する」となっている。

「以下引用」

 変化するために必要なのは、自制心を養うことではなく、習慣を取り入れることだというのです。

【『ハーバードの人生を変える授業』 タル・ベン・シャハー〈成瀬まゆみ=訳〉(2010年、大和書房)】

 歯磨きをするのは清潔を保つための行動(努力)だが、習慣づけられていることによって、私たちは苦もなく成果を得ている。

 人生を良く変えるため、目標を達成するための習慣を、一つずつコツコツと増やしていくというのが今回の「ワーク」である。

 習慣は短期間で身につけられるものではないので、「ワーク」を先に進めながらもじっくりと取り組んでいきたい。

 今現在、私が習慣化している行動は何かを考えてみる(歯磨きや入浴などの日常の基本的な習慣は省く)。

習慣①
 
年間100冊を目標に読書をしている。

習慣②
 
年間100本を目標に映画鑑賞をしている。

習慣③
 
ほぼ毎日を目標にブログを運営している。

習慣④
 
稽古日に可能な限り空手道場に通っている。

習慣⑤
 
休日は5時間執筆にあてている。

習慣⑥
 
勉強のために必要と感じた、お笑い番組、ドキュメンタリー番組などを録画してチェックしている。

 少な!

 以上を踏まえ、今後、どんな行動を習慣化していくかについて考えてみる。

「こんな習慣があるよ」という方、もしよろしければ参考までにコメントにてお教え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑦

Photo

 本日は、「これから1週間、感謝することを毎日5つ書きとめてみる」というワークの七日目。

感謝すること7日目。

1.私は、世の中の美しい女性たちに感謝する(お世話になってます。生きる喜びをありがとうございます)。

2.私は、イケメンじゃなくても頑張って活躍している男性たちに感謝する(希望をありがとうございます)。

3.私は、食を支えて下さっている農家の方々に感謝する。

4.私は、私の家に新聞を配ってくれている新聞配達員の方に感謝する。

5.私は、自分にも自分で感謝してみる。(オレ、頑張ってくれて、ありがとうな)

 さあ、これで一つ目のワークが終了した。次のワークも楽しんで取り組んでいくつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑥

Photo

「これから1週間、感謝することを毎日5つ書きとめてみる」というワークの六日目。

感謝すること6日目。

 1.私は、私に次々と難問を与えてくれる我が人生に感謝する。
 2.私は、私を成長させてくれる職場に感謝する。
 3.私は、私の祖国「日本」に感謝する。
 4.私は、母なる星「地球」に感謝する。
 5.私は、大いなる「宇宙」に感謝する。

 日本、地球、宇宙、我ながら大風呂敷だが、私は本気で感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ⑤

Photo

 本日は、「これから1週間、感謝することを毎日5つ書きとめてみる」というワークの五日目である。

感謝すること5日目。

1.私は、妻に感謝する。
2.私は、私の子どもとして生まれて来てくれた、三人の子どもたちに感謝する。
3.私は、妻の両親に感謝する。
4.私は、妻の弟家族に感謝する。
5.私は、12年ぶりに空手道場に復帰するきっかけを与えてくれた、学生時代からの友人、本○さんに感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ④

Photo


 本日は、「これから1週間、感謝することを毎日5つ書きとめてみる」というワークの四日目であることを、漠然とではあるが心のどこかで思いながら一日を過ごした。

 ところがである。
 まだ四日目だと言うのに、これが結構、思い浮かばない。

 予想外だった。

 どうやら私は、感謝が足りない男だったらしい。

感謝すること4日目。

1.私は、人生の岐路でいつも親身になって助言してくれる、二人の叔母たちに感謝する。

2.私は、いつも私にインスピレーションを与えてくれるM君の存在に感謝する。

3.私は、人生のどん底で私を励まし続けてくれた、け○ちゃんに感謝する。

4.私は、私に、「人生の哲学」を、根気強く教えてくれた下○さん、加○さんに感謝する。

5.私は、私に、人材育成について学ばせてくれた森○君に感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードの人生を変える授業 ③

 Photo

  本日は夜勤明けで、これから少し眠り、その後、職場の友人たちとカラオケ大会に出かける予定。

 きまじめな私は、こんな日にも忘れず「これから1週間、感謝することを毎日5つ書きとめてみる」というワークの三日目に取り組む事にする。

感謝すること3日目。

 1.私は、私を生んで育ててくれた両親に深く感謝する。
 2.私は、父がまだ生きていてくれる事に感謝する。
 3.私は、読み書きが出来る教育を授けてくれたすべてに感謝する。
 4.私は、幼い頃から空手を教えてくれたすべてに感謝する。
 5.私は、私を支えてくれる家族に感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画