世界に通用する子供の育て方

 ★★★★★★★★★☆

 世界に通用する子供の育て方 (フォレスト2545新書)

 読了10冊目。

 私の野望の一つに「子供を天才に育てる」があるが、そのための参考になればと思い本書を手に取った。

 素晴らしい本だった。このような書籍に、私自身が子供の頃に出会いたかった。しかし、今からでも遅くはない。私の目論見では、後、62年私は現役で生きる。

「以下引用」

 人間にとって命は限られているものです。
 時間はすべての人にとって平等です。
 限られた時間の中で、1つでも2つでも自分の世界を広げること。
 そのために複数の言語を身につけ、様々な世界を経験してきてほしいと思いますし、音楽や美術など最高の芸術に触れ、生きる喜びと人間の素晴らしさを心から感じてほしいと思います。

【『世界に通用する子供の育て方』 中嶋嶺雄〈なかじま・みねお〉(2011年、フォレスト出版)】

 勉強をすることの本当の意味が、この歳になってやっと理解出来てきたように思う。

 もちろん勉強することそれ自体が本来楽しいものであるが、本当の意味・目的は知的好奇心を満たすためだけにあるのではない。

 勉強は、自分の人生を楽しみ尽くすためにするのだ。

 多くの大人達は、そのことを上手に子供に伝えることをしない。

 私は、子供にその事を上手に伝える技術を身につけたいと願い、教育関連の書籍は心掛けて目を通すようにしている。

 勉強はやりようによっては、本当にただの苦痛しか生み出さない。

 詰め込み教育とは、覚え込ませる知識量の多さを表した言葉では無いと私は思う。膨大な量の知識を暗記させるにしても、モチベーションや目的意識をしっかり持った上で楽しくなる方法で行えば決して「詰め込み教育」にはならない。

 モチベーションも無い子供に、目的も理解させないまま無理矢理に覚え込ませて苦痛を与えるのならば、かけ算の九九を暗唱させるだけでもそれは「詰め込み教育」だ。

 世界中のどこにいっても逞しく生き延びていくために、私は本物の教育を子供に授けようと決意している。勉強の楽しさを教えるのがまず最初の入り口だと考えていたが、子供は学ぶことの楽しさはどうやら最初から知っているようだ。3歳児が、目を輝かせてひらがなを覚えていく様が、それを何よりも雄弁に私に物語ってくれた。

 教育の入り口はどうやら、その楽しさを忘れさせないようにするところにあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今すぐ実践! 小学生からの天才の育て方 「ヨコミネ式」学童保育

 ★★★★★★★★★★

 今すぐ実践! 小学生からの天才の育て方 (小学館101新書)

  私の野望の一つ、「子供を天才に育てる」を成し遂げるため読書のカテゴリーに「教育」を入れ、意識的に読むようにしている。横峰吉文先生の著作を読むのは、これで二冊目。読み進む間に、何度、「うーん、間違いない!」と叫んだ事だろうか。

 私は、横峰先生に文部科学大臣になって貰いたい、と本気で願っている。

「以下引用」

 いまの教育は、「子どもにはそれぞれに素質がある」と言います。それは間違っていません。正しいと思います。しかし、「だから、できない素質もある。足が遅くても、九九ができなくても、本を読むのが嫌いでも、それは負の素質。この子には、ほかの分野にすばらしい素質があるのだから」という話になってしまうのは、いかがなものでしょう。

 私は「天が与えた命にひとつの無駄もない」と思っています。

 子どもはみんな天才なのです。自分でなんでもできるのです。できないことを”負の素質”とあきらめるなんて、子どもの才能を親が勝手につぶしているにほかなりません。

 本書では、三十年の幼児教育のなかで、私が確信した学童期の教育法をご紹介します。

 本書を読んでいただければ、小学生からのスタートでも、決して遅くはないという事実に気づいていただけるはずです。

【『今すぐ実践! 小学生からの天才の育て方 「ヨコミネ式」学童保育』 横峰吉文〈よこみね・よしふみ〉(2010年、小学館新書)】

 横峰先生の言葉は、三十年の実践に裏打ちされた「真実の言葉」であって、決して慰めや気休めでは無い。私は今までに縁あって、何人かの中学生の家庭教師をしたことがあるが、成績の伸びない子どもの親は総じて、ふとした何気ない言葉で子どもの可能性の芽を摘み取ってしまっていた。

「うちの子、本当に要領が悪くて」

「親が親ですから、しょうがないですよね」

「まあ、勉強が出来なくても元気が一番ですからね」

 子どもはみんな天才だったのに、その事に気がついていない親や、自分の子どもはダメだという思い込みの激しい親が、知らず知らずのうちに、何気ない言葉や態度でその素質を潰してしまうのだ。ある意味、洗脳である。良くも悪くも、親の言葉は強烈に子どもを呪縛するものだ。

 私は、天才である子どもの素質を潰してしまわないように、教育の方法を勉強し試行錯誤していく。私は子どもを天才に育てる。
 親の使命を果たすのだ。

 教育が人間を創る。

 人間が国・世界を創る。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画