ゲロゲロ空手日記 ⑯ 何で何で何で?

 我が道場に、小学3年生と4年生の茶帯の兄妹がいる。

 この兄妹、年子の兄妹にしては驚くほどに仲がよい。練習中に二人一組を作らせると、必ずペアになろうとする。練習態度は真面目で、お母さんも毎回の練習を最初から最後まで見学していくほどの熱心さだ。

 しかし、この二人、共に動きに独特の癖がある。練習の度に何度も注意して癖を矯正しようとするが、一向に直らない。

 ところが、前回の練習で、妹の癖が見事なまでに消え去っていた。

 妹の癖は、何故だか理由は分からないが、突きの際に、途中でスピードが落ちてしまい肘を伸ばしきらないで止まってしまうというものだ。

「肘が痛いのか?」

 と尋ねても首を横に振る。

 何度見本を見せても、私が癖を同じように真似てダメな理由を説明しても、全く改善されなかった。

 が、前回は、正拳突きをさせても突きが最後まで失速しない。突き終わりにいつも曲がっていた肘が、しっかりと伸びきっている。

「○○(妹の名前)! 今日は、いいじゃないか!」

 私が褒めると、妹は、はにかんだように笑っている。その後、移動基本をやらせても、型を行わせても、いつもの独特な癖は影を潜めている。

「○○(妹の名前)! 今日はどうしちゃったの? 素晴らしいじゃないか!」

 面白いもので、いつもの癖が直っているばかりか、その他の動きまでまるで別人のように決まっている。蹴りもスナップが利いていて技のキレまで良い。私は何度も感嘆の声を上げた。
 どういう訳か、それ(妹の変化)に感化されたのか、入門してまだ数ヶ月の白帯軍団まで練習に気合いが入っている。道場全体の雰囲気まで良くなっている。

「○○(妹の名前)! 今日は○○(妹の名前)が素晴らしいから、白帯さん達まですごく頑張ってるぞ!」

 私の大声に、妹は恥ずかしそうに、嬉しそうに笑っている。

「今日は本当にどうしちゃったの? 何でこんなに上手になっちゃったの?」

 何回か妹に聞いてみたが、微笑んで首を横に振るばかりで答は聞き出せなかった。

 稽古終了後、私はいつも練習を見学しているお母さんに言った。

「お母さん、今日はいつもと比べて何か違いませんでした?」

「はい、いつもとは全然違いました(笑)

 お母さんも、妹の変化に気が付いていたようだ。(指導員の私が何度も褒めちぎっていたから当たり前かも知れないが)

「何か理由はあるんですかねえ?」

 私は、心の底からその理由を知りたかった。

「もしかして、今日はお兄ちゃんが休んでるからでしょうか?」

 確かにその日は、お兄ちゃんは中耳炎になってしまったという理由で稽古を休んでいた。

「うーん、それが理由ですかねえ?」

 理由は全く持って分からない。次回、お兄ちゃんが練習に復帰した際、妹の癖がぶり返したらお母さんの推理が当たっている事になるが。

 ちょっと次回の練習が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑮ 練習メニュー試行錯誤その2『荒賀知子のHigh Speed Lesson -体幹・スピード・技術のレベルアップ編』を参考に



 本日は稽古日。

 今日は、『荒賀知子のHigh Speed Lesson -体幹・スピード・技術のレベルアップ編』を参考に練習のメニューを組み立てた。

 前回、『ジョージ・コタカのスピード・ドリル(幼児・小学生編)』を全パクリで行った稽古に比べ、子供たちの理解を得やすい内容になった。充実感も高かったのではないだろうか。

 これは、決して『ジョージ・コタカのスピード・ドリル(幼児・小学生編)』の内容が良くない、と言っているのでは無い。より基本に近いのが、『荒賀知子のHigh Speed Lesson -体幹・スピード・技術のレベルアップ編』だった、というだけの理由だろうと思う。

 本日の稽古中、私が特に意識したのは、「素早く動く」「大きな声を出す」である。
荒賀先生がDVDの中で仰っていた、そのまんまでお恥ずかしいが……。

 稽古中は、道場をピッと張りつめた雰囲気にしたいのだが、どうもダラダラしてしまう子供がいて、その数人の子供に道場全体が引きずられているような感じになってしまっている。

 今までは、「ダラダラしない!」、「ピッと気合い入れて!」などと声を張り上げていたが、どうも雰囲気に変化がなかった。これからは具体的に、しかもまず二つだけ、「素早く動く」「大きな声を出す」を口を酸っぱくして言っていくつもりである。

 今日はそのせいか、道場が変わっていきそうな予感を感じた。

 うーん、やっぱ荒賀先生スゴいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空手道部創部40周年記念祝賀会

 先日、某ホテルにて行われた、母校の空手道部創部40周年の記念祝賀会に参加した。

 懐かしい仲間達との久しぶりの再会は、非常に嬉しいものがあった。

 祝賀会の中で現役学生とOBによる演武が行われたが、何と言っても我らが同期○○さんによるクーシャンクーは圧巻であった。見ていて、正直、彼女のあまりにもな真剣さに、私は必死に成って涙を堪えなければならなかった(本当の話)。

 一滴でも酒を飲んでいれば、多分、声を張り上げて大号泣していたかも知れぬ。

 クーシャンクーとは、空手の型の一つであり、我ら空手道部では、特にこの型を一生懸命に練習した(型の中では)。

 ○○さんの型を見ている間、私の内部にこみ上げてくる熱のようなものの正体は一体何だったのだろう。実はあれからずっと考え続けている。

 彼女には怒られるかも知れないが、その疑問を解くためのキーワードを二つ私は心に思い浮かべている。

 一つめのキーワードは「一途なひたむきさ」である。

 彼女がクーシャンクーを舞っていた間、あの場を覆い尽くしたのは、彼女が全身から発っしていた剥き出しの「ひたむきさ」であった。気合いの、動作の、表情の一つ一つが、まるで腑抜けた私に、「生きる姿勢を反省せよ」と、叱咤激励してくれているようであった。

 二つめのキーワードは「不器用であるが故に」である。

 まず(○○さんに)断っておくが、本音を書かせていただく。

 彼女は不器用である。いわゆる、持って生まれた空手のセンス(まあ、最終的にはそんなセンスは努力によって凌駕されてしまうものではあるが)、というレベルで言うと、残念ながら「センスが悪い」にカテゴライズされてしまうであろう(しかし、それは彼女自身が思っているほどではない)。

 しかし、今回目の当たりにした彼女のクーシャンクーは、厳しい目で見たとしても「センスが悪い」とは評価されなかった。動作は非常に優等的に丁寧であって乱れも無く、その気迫は充分に(充分すぎるほどに)周囲に伝わってきた。

『セェイ!』

 彼女が舞い終わった瞬間、実は私は、本気で号泣するためにその場を抜け出してしまおうかと思い悩んだほどだった。

「不器用であるが故に」剥き出しに出来た「一途なひたむきさ」は、あの空間を完全に飲み込んで支配していた。最も支配されていたのは、もちろん私である。

 ○○さん、次回、どこかで演武する際には、「ひたむきさと気迫だけは誰にも負けないので、覚悟して見て下さい」と前口上で述べてからにした方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑭ 練習メニュー試行錯誤

 

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 09月号 [雑誌]

 本日は稽古日。

 兎に角、生徒達、ひとり一人の空手レベルをアップさせたい。

 そのためには、今行っている練習メニューを全面的に見直さなければならない。

【現在の練習メニュー】

①準備体操

②その場での基本(蹴り上げ、前蹴り、回蹴り、正拳突き、正拳二連突き、正拳三連突き)

③移動基本(順突き、逆突き、順突きの突っ込み、逆突きの突っ込み)

④型

⑤組手の基本

⑥二人一組になって打ち込み

⑦フリーでの組手

⑧整理体操
 

 うーん、すごい。

 私が子供の頃(30年近く前)に道場で行われていたのと、殆ど変わっていないメニューである。

 ハッキリと言って、子供たちの空手に対するモチベーションは全体的に低い。これはもう完全に指導者に原因がある。

 多分、『練習が面白くないから』、というのが、その第一の原因だと思う。

 副支部長という形で支部を預かった以上、子供たちが夢中で取り組めるような、面白くてためになる練習メニューを作っていかなければならない。
 ココで言う「面白い」は、決して「楽ちん」と言う意味ではない。

 苦しいけれどやりきりたい、辛いけれど楽しい、と感じるような
「面白い!」
である。

 で、取り敢えず『ジョージ・コタカのスピード・ドリル(幼児・小学生編)』を参考に練習メニューを組み立ててみた。いや、参考にと言うより、殆ど全パクリで取り組んでいる。

 兎に角、フィジカル面と、組手の基礎力を徹底的に強化したい。

 これからも順次、空手のDVDを仕入れて勉強し、練習メニューをどんどん進化させていく予定である(JK Fanも年間購読を申し込んだ)。

 また、可能であれば出稽古にも出向き、強い道場の練習方法を取り入れていきたい。
 
パクリまくりたい(笑)。

 そうやって試行錯誤していきながら、行く行くは我が支部オリジナルの方法論も培っていくつもりである。

 練習が楽しくなっていけば、きっと試合でも結果が伴って来るんじゃないだろうか。そう言った選手が一人でも二人でも出て来るようになった時、道場全体の雰囲気は変わっていくはずだと私は信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑬ 四十にして疲れる(誕生日が来るまでは三十九だけどね)

 

月刊 空手道 2012年 08月号 [雑誌]

 本日は稽古日。

 何でも、私の支部には月に一回の割合で、型で国体に出場する先生(女性)が稽古をつけに来てくれるそうだ。
 副支部長なのに知らんかった(笑)。

 その、「月に一回」が本日だった。

 と言う事で、私は本日は生徒になったつもりで稽古に励んだ。

「まずは移動基本から!」

 挨拶の後、先生の号令に合わせて基本を行った。

「順突きの突っ込み、蹴りを入れて!」

「セイヤア!」

 道場で一番、必死に練習しているのは私だった。そして、一番楽しんでいるのも私だった。道場の床が、私の汗でビショビショになった。

「先生の汗スゴッ!」

 小休止の時に子供たちが大騒ぎしていたが、集中しきっている私は何も答えてやれなかった。

「集合!」

 小休止の後、型の練習が始まった。

「今日はまず、平安五段から!」

 昔は、型なんて大嫌いだったのに、今はそれなりに好きになっている。でも、やっぱり組手がやりたいけれどね……。

 初対面の私に遠慮しているのか、先生は私には殆ど指導してくれなかった。私は型が下手くそなので、直す所は沢山ある筈だ。

「先生、おかしな所はバシバシ指摘して教えて下さい。お願いします」

 二回目の小休止の時、私は先生にお願いした。

「それでは、クーシャンクー!」

 私が現役の頃とは、微妙に違う部分、動作がいくつかあった。

 面白い。

 体捌きの方法も解説してくれて、非常に興味深い。

『実戦ではどう使うのだろう?』

『本当の本来の意味は何なんだろうか?』

 って思いを馳せながらも、身体を思いっきり動かす。

 乱れる呼吸、ほとばしる汗、メッサ苦し楽しい。
 身体の重さは無視した。

「最後にチントウ!」

「押忍!」

 二時間、みっちり稽古しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑫ 五歳の息子を道場に入門させました

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 08月号 [雑誌]

 今日は空手の稽古日。

 本日より、五歳児の息子を道場に入門させた。

 道場に連れて行く前に、「道場では、パパじゃなくて、先生って呼ぶんだよ」と言い聞かせておいた。

「パ、あっ! せんせい!」

 途中、一度間違えそうになったが、練習が終わる頃には、私を「先生」と呼ぶことにも慣れたようだった。

 本日は練習の締めに、子供たちに相撲を取らせる事にした。

 私は、空手を習いにきている子供には、まず第一に喧嘩に強くなって貰いたいと思っていて、相撲は、そのためにも絶対に必要な訓練だと考えている。

「ハッケヨーイ、残った!」

 二人一組になって向かい合わせて号令を掛けた。

『ええっ?』

 子供たちはみんな、あり得ないほどに相撲が下手くそだった。多分、今まで、相撲なんて取った事が無いのだろう。
 まあ、気長に、取り組ませていこうと考えている。

 今の空手は投げ技もどんどん取り入れられているから、子供の頃から相撲をさせることによって強い足腰を育てておけば、最終的には競技にも生きてくる筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑪ 何故か副支部長になってしまいました

 

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 08月号 [雑誌]

 先日、夜の九時頃、空手の師匠より電話があった。

「ちょっと会えないかなあ?」

 嫌な予感がしたので、

「会えません。失礼します」
 と言って電話を切った後で『もう二度と連絡をしないで下さい』とメールした上で着信拒否にしておいた、というのは冗談で、言われるがままに、私は師匠に呼び出された場所(ガスト)にのこのこと出かけて行った。

 約束の時間を15分過ぎた頃に、師匠の○川先生は現れた。

「何を食べようかねえ?」

 呼び出した理由には一切触れないまま、メニューを前に長考しだした○川先生は、悩みに悩んだ末にワイルドすぎちゃんの本格つけ麺だぜえ、を注文して、私はドリンクバーを頼んだ。

「○○君(私の名前)、実は、一つ支部を頼みたいと思っているんだけど」

「……?」

 ワイルドにも程があるぜえー。オイラ身体が全然動かないんだぜえー。

「まあ、私が支部長という形で、○○君には副支部長になって貰って、練習は○○君中心でやって欲しいんだけど……」

 このところ、筋トレにも目覚め(筋トレ歴10ヵ月)、週に一回の割合で空手教室で身体を動かしているとは言え、中心者となって支部を運営していくほどの体力的な自信が私には無かった(空手の技術的にも……)。

 しかし、師匠の話を聞くところによると、私が話を受けなければその支部は閉鎖せざるを得ないとのことだった。生徒数は約15名だそうだ。

子供たちはみんな、一生懸命頑張っているんだけど、前任者が体調を崩してしまって他に適任者が見つからないんだよ。○○君、ここは子供たちのために、何とかお願いできないだろうか。このまま支部を無くしてしまったら、子供たちが可哀想だ

子供たちはみんな、一生懸命頑張っている』、何と言う殺し文句……。

 次の瞬間、私は反射的に答えていた。

「判りました。精一杯やらせて貰います」

 と言う事で、私は某空手団体の支部の一つを、副支部長という形で任される事になってしまった。

 こうなったらワイルドで頑張るしかないぜえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑩ 初試合に臨んだ子供たちの戦い

 

月刊 空手道 2012年 03月号 [雑誌]


 この前の日曜日、我が空手教室の子供たち三名が、某団体が主催する空手道大会に初めて出場した。

 子供たちがエントリーしたのは、小学校3~4年生クラス、組み手の部である。

「オレの一回戦の相手、マジごっついんだけど!」

 試合会場の準備が進められている間、背中に付けられたゼッケンを頼りに一回戦で戦う相手を探し出した子供たちが大騒ぎし出した。

「ボクの相手もめっちゃ強そうなんだけど……」

 私も、子供の頃、試合の時はこんな風だった。懐かしく笑いながら、私は指導者面をする。

「相手もみんなお前らを見て、同じようにめっちゃ強そうだなって思ってるから心配すんな」

「えー! マジでー?」

「それでオレがお前らの対戦相手に言っといてやったから」

「えー! 何てー?」

 今時でも、小学3年生は素直だ。

「君の一回戦の相手は空手めっちゃツエーから、びびんなよって」

「ウッソー?」

「そしたらさあ、何か相手の子、急に燃えちゃったみたいで、バリバリ蹴りまくって病院送りにしてやるからヨロシクだって。頑張れよ」

「ゲエッ! マジやべえ!」

 私の話をどこまで本気にしているかは知らないが、これも子供たちに試練を与えるための指導者としての愛の鞭だ。

「あー、ドキドキしてきた……」

 組み手の部は午後からなのに、朝一番から緊張している子供たちがかわいかった。
 

 井の中の蛙で、本気で優勝するつもりで出場した子供もいたが、試合結果は、全員、一回戦負けだった。
 私としては予想通りの結果である。

 うーん、指導者としてちょっと悔しいような気もするけど、まあ、初めての経験だからね……。

 ともあれ、子供たちには貴重な経験になった筈だ。

 学校でも取っ組み合いのケンカなんて殆どしたことのないであろう子供たちが、見ず知らずの初めてあった相手と、試合というルールのもとでとはいえ殴り合いをする。
 怖さも、痛さも、思わぬ快感も、悔しさも子供たちは全身で感じただろう。

 少し大袈裟だが、彼らは武道の一端を垣間見たはずだ。

 偉そうなことは何も語れないし語るつもりも無いが、武道とは、「暴力を制して自己を高めていくための、唯一人間だけが歩める道」のように私は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑨ 親子の前に立ちはだかる壁について

 

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 02月号 [雑誌]

 非常に残念であるが、二名の生徒が空手教室を辞める事になった。四名しかいない空手教室から、一気に二人がいなくなってしまう。

 一人は、組手稽古で相手から叩かれてしまう事がどうにも我慢が出来ないから、というのが理由だった。

「叩かれるのが嫌なら、叩かれないように強くなろう」
 と声をかけ、攻撃の捌き方も丁寧に教えていたのだが……。

 その生徒の母親には、「空手なんですから、叩かれる事も大切な修行の一つです」と前置きした上で、「どんな子も空手を何度も嫌になります。お母さん、ここは子供との勝負だと捉えて、どうかこの壁を乗り越えさせてあげて欲しいです。私も精一杯、サポートしていきますから」と言うような事を何度か話した。

 そのお母さんは、生徒が「辞めたい」と口にするようになってから何度か練習を見学に来ていて、「確かに空手教室は、普通の習い事とは違って厳しさもあると感じましたけれど、何とか続けさせたいと思います」と言ってくれていた。

 しかし、そのお母さんは、子供との勝負に勝てなかった。私は、今回の件は、「子供が壁を越えられなかった」、というよりは、「母親が壁を乗り越えられなかったのだ」と感じている。

 残念だ。空手教室という縁で出会ったあの少年は、今後の人生においても同じように物事から安易に逃げる道を選ぶようになってしまうのではないだろうか。その可能性は高いと私は思う。

 もう一人の生徒は前回の稽古日、「先生、3月から学習塾に通うから、2月いっぱいで空手辞めます」と突然言い出したのだった。

 その生徒の親御さんは、一度も子供の練習風景を見に来たことは無い。

 空手教室を辞めていく本当の理由は、もしかしたら別にあるのかも知れない。まあ、どちらにせよ残念だが、仕方が無い。

 その二人が辞めた事を後悔するような、魅力的な空手教室を私は作っていく。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑧ 試合復帰

 

 

 本日、某道場において開催された町民大会に出場した。

 一般の部は5名の総当たり戦で、私は四試合戦って三勝一敗の戦績であった。

 もう、かれこれ10年以上ぶり(多分15年ぶり)の試合出場であったので、全然思うように身体が動かない。嗚呼、ここで中段を突けば決まるのに、と思いながらも身体が前に出ない。

 上段を狙えば、スーパーセーフにガッツリとパンチがめり込んでしまう。で、審判から何度も警告を受けた。決してわざとではない、足腰が自分の思っている以上に弱っていて、自分の攻撃の間合いも上手に調節できないのだ。

 しかし、あの緊張感、あの戦っている感覚、最高に楽しい。私は心から楽しんだ。

 課題も明確になった。
 足腰の強さと、柔軟性と、スタミナと、技のバリエーションと、試合の勘と……。

 殆ど課題だらけ……。

 一番最初の試合で終了間際に相手の回し蹴りを捌いた際、左手中指を突き指してしまい第二関節がおかしな方向を向いてしまった(初めての経験だった)が、先生に整復して貰い残りの試合を戦った(それで三勝した)。

 試合を終えた今、兎に角、指が痛い。靱帯を伸ばしてしまったので明日は結構腫れるだろう、と先生に言われた。悔しい。

 嗚呼、強くなりたい。

 38歳になっても、私は、殴り合いで強くなりたいという男のロマンを胸に滾らせている。

 オラ、明日から、また頑張って修行すっぞ!(悟空風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画