『マッハ!!!!!!!!』(2003年)〈タイ映画〉

 ★★★★★★☆☆☆☆

 マッハ! [DVD]

 タイの映画を初めて鑑賞した。

 昔、私にはタイ人の友人が二人いたが、彼らは独特のゆっくりとしたリズムのようなものを持っていた。大らかというか何というか、上手く言葉では表現できない。この映画からも、私はそんな独特の波長を感じた。

「ストーリーは以下の通り」

 タイの小さな村から、人々が信仰の対象としていた仏像の首が盗まれてしまった。このままにしていては、とんでもない災難が村に降りかかってしまうだろう。

 村人たちの悲壮な願いを受け、村一番のムエタイの使い手ティン(トニー・ジャー)が仏像奪還のために首都バンコクへと旅立つのだった……。

 ★★★★★★☆☆☆☆

 タイの混沌とした雰囲気が、行った事は無いのだが何だか懐かしいように思えた。

 トニー・ジャーのアクションは凄まじく、比類無きぶっちぎりの迫力を画面から放射している。私は衝撃を受けた。そのインパクトは、初めてリー・リンチェイ(ジェット・リー)のアクションを目の当たり(もちろんスクリーンで)にした時以上のものだった。

 しかし、映画としての面白さを尋ねられれば、「うーん……」と答えに窮してしまうところだ。

 何故ならば、この『マッハ!』という映画では、残念ながら主人公ティンの魅力が十分に引き出せていない。私が子供時代に夢中になって観たブルース・リーやジャッキー・チェン映画の主人公と比べ、テインのヒーローとしての魅力が幾分か低いように感じたのだ。今の腕白小僧たちがこの映画を観て、私が少年の頃に抱いた憧れをトニー・ジャーに抱くかは疑問である。

 繰り返すがアクションはずば抜けている。

 カンフー映画の影響をもろに受けて育った私は、この手のアクション映画に対してどうしても厳しい目を向けてしまうのかも知れない。

 私の評価では星六つ。

 しかし、アクション好きには必見の映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画