『ナイト・ウォッチ』(2004年)〈ロシア映画〉

 ★★★★★★☆☆☆☆

 ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR [DVD]

 ロシア映画を初めて観た。

 何とバンパイア? もの。

 題名は『ナイト・ウォッチ』、ロシア映画なのに、英語のタイトルである。

 不思議である。

「ストーリーは以下の通り」

 人間でありながら、特殊な超能力を持つ"異種(アザーズ)"と呼ばれる種族は、光と闇の軍勢に別れて激しく戦いを繰り広げていた。しかし、戦いの無益さに気づいた光の王ゲッサーと闇の将軍ザヴロンは、休戦協定を結んで戦争を終結させた。

 以来、協定違反を取り締まるべく、光の戦士はナイト・ウォッチ(闇の監視人)として、闇の戦士はデイ・ウォッチ(光の監視人)として、互いの行動を監視し合っている。休戦協定が結ばれてから光と闇の勢力はバランスを保ち、小競り合いはあるものの1000年もの間平和に過ごしてきた。

 しかし1992年、モスクワにおいて、光と闇の調和を乱す存在が世界に誕生したのだった……。

 

 ロシアの作品だけに、ハリウッド映画とは違う独特の世界が構築されていて、それなりには楽しめるのだが何となく地味である。

 正直、私は嫌いではないのだが……。

 闇の将軍ザヴロンがいい味を出しているのだが、2005年のハリウッド映画『コンスタンティン』で、ピーター・ストーメアが演じている魔王にはまるで適わない。

 シリーズ化されて続編も撮られているのだが、この一本で満腹になってしまった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画