六枚のとんかつ

 六枚のとんかつ (講談社文庫)

 挫折2冊目。

 第三回『メフィスト賞』受賞作の『六枚のとんかつ』を、242ページまで読んで挫折した。

 好きな人はきっと好きなんだろうが、私はどうしても最後まで読めなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅人 ある物理学者の回想

 旅人―湯川秀樹自伝 (角川文庫)

 
 挫折1冊目。

 湯川秀樹の回想録『旅人』を、122ページまで読んで挫折した。

 確かにスゴイ物理学者だったかも知れないが、何だか文体に漂うナルシシズムが強くて読み進めていく心が挫けた。

【『旅人』 湯川秀樹〈ゆかわ・ひでき〉(1960年、角川文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亜玖夢博士の経済入門

 亜玖夢博士の経済入門 (文春文庫)

 行動経済学、囚人のジレンマ、ネットワーク経済学、社会心理学、ゲーデルの不完全性定理を題材に書かれた短編小説である。
 何だか面白そうだと思って購入したが、あまりの軽さにどうにも読み進むことが出来ず。

 143ページで挫折する。

【『亜玖夢博士の経済入門』 橘玲〈たちばな・あきら〉(2010年、文春文庫)】
※今回、引用は無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミリオンダラー・ベイビー(原作小説)

 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

 ミリオンダラー・ベイビー (ハヤカワ文庫NV)

 クリント・イーストウッドが監督した映画『ミリオンダラー・ベイビー』の原作本を挫折した。何と驚くことに、作者のジェリー・ボイド(F・X・トゥールはペンネーム)は50歳近くになってから本気でボクサーを志したそうだ。

 しかし、ボクサーとしての自分の才能に限界を感じて、コーナーマン、トレーナーに転身した後、世界チャンピオンまで育て上げている。

 そんな人物の書いた小説は絶対に面白いに決まっていると思い、いくつかの書店を探し回って本書を購入した。

「以下引用」

「ボクシングってのは自然に反した行動なんだ」声が囁いた。「おれが言ってることがわかるか? ボクシングは、何もかも生きることに反している。左に動きたいなら、左側に踏み出してはいけない。右の爪先を出すんだ、こんな具合にな。右に動くには、左の爪先を使う。ほら、な?」その年老いた白人が見るのは、相手の眼ではない。その向こうにあるもの、頭のずっと奥底を彼はしっかりと見通すのだ。「苦痛を避けるのは、生きてる人間にとってはごく自然のことだ。だがボクシングでは、あえてその苦痛に近づいていくんだ。わかるか? だから、ボクサーになるとひとたび決心したなら、どう闘うかということを知る必要が出てくる。おまえがどんなにタフだろうと、でかい一物をぶらさげた連中がおまえをノックアウトしようとするんだからな」

【『ミリオンダラー・ベイビー』 F・X・トゥール〈東理夫訳〉(2005年、早川書房)】 

 所々、これはと思うような言葉を見かけるのだが、日本語訳が今ひとつなのか全体的にもの凄く読みにくく感じた。

 241ページで挫折。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレイクスルー・トライアル

 ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)

 260ページまで読んで、挫折することにした。

 どうしても物語の中に入り込んで行けなかった。

 本作は、第五回『このミス』大賞受賞作だった。

 また、いつか読み進めて読了するかも知れないが、とりあえずこの作品からは一旦手を引くことにする。

 もし既読の方がおられたら、気が向いたらで構わないので、コメントによるアドバイスをお待ちしております。

【『ブレイクスルー・トライアル』〈2009年〉(宝島社文庫)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 もっとネタとして完成されていることを期待して読んだ。

 これが出版される内容だろうか。

 この種の本は完全なエンターテイメントであるから、荒唐無稽でもハッタリでも何でも構わないが、一つ一つの物語としての完成度が低くてはまるでお話にならない。

 有り体に言ってしまえば、ちょっとひねりが足りないのである。

【『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第』 関暁夫 〈せき・あきお〉(2010年、幻冬舎よしもと文庫)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別模範男

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 JRAジョッキー、藤田伸二の著書、「特別模範男」を挫折した。

 どうしても最後まで読めなかった。

 あふれ出るナルシシズムに辟易とさせられた。

【『特別模範男』 藤田伸二〈ふじた・しんじ〉(2009年、宝島文庫)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画レビュー インデックス(随時更新) 書籍レビューインデックス ルワンダ大虐殺 夜と霧 ニーチェの言葉 鬼平犯科帳 13日間で「名文」を書けるようになる方法 それでも人生にイエスと言う アクション映画 アニメ映画 アラフォーのオッサン看護師がドラッガーの『マネジメント』を読んだら イギリス映画 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室 グルメ・クッキング ゲーテ コミック コメディ映画 ゴリマッチョに至るまでの経過 サスペンス映画 サントリーミュージアム スポーツ スリラー タイ映画 ドキュメンタリー映画 ニュース ノンジャンル・ゲロゲロ日記 ハーバードの人生を変える授業 ハーバード白熱教室 フランス映画 ロシア映画 仕事の事 伝言 傑作映画 傑作本 傑作漫画 動画 心と体 心に響く言葉 怒りについて 恋愛映画 挫折映画 挫折本 携帯・デジカメ 文化・芸術 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍 エッセイ 書籍 ノンフィクション 書籍 フィクション 書籍 ミステリー 書籍 対談集 書籍 小説 書籍 教育 書籍 新書 書籍 映画原作 書籍 箴言集 書籍 SF 書籍・雑誌 東日本大震災 殴り書き 海外ドラマ 漫才 漫画 空手 筋力トレーニングの記録 経済・政治・国際 芸能・アイドル 覚え書き 言語表現法講義 論語 革命 韓国映画 音楽 香港映画 SF映画