« 人付き合いのヒント | トップページ

重耳(上・中・下)にて読書を再開する

重耳(上) (講談社文庫)重耳(中) (講談社文庫) 重耳(下) (講談社文庫)

 久しぶりに読書をした。重耳(上・中・下)読了。最近は本屋にもあまり行かなくなってしまった。原因は分かっている。

  筋トレに夢中になりすぎているからだ。
 
ちょっと体勢を立て直さなければ…。

 宮城谷昌光の本を読んだのは、これが初めてだった。読書のリハビリとして、何も考えずに物語に没頭した。付箋も貼らずに、ただただ目で文字だけを追った。面白い。こんな読書体験は本当に久しぶりのこと。

  やはり、人生から読書を外しちゃいかんな。

 次は同じく、宮城谷昌光の、『晏子』を、今度は付箋を脇に置いてじっくりと読むつもり。

|

« 人付き合いのヒント | トップページ

傑作本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重耳(上・中・下)にて読書を再開する:

« 人付き合いのヒント | トップページ