« 筋力トレーニングの記録  2012年7月(開始12ヵ月目突入) | トップページ | 水滸伝(上) ☆アラフォーブロガー、確かに「てかげん」は必要無しと感じながらも苦笑いすること »

ゲロゲロ空手日記 ⑭ 練習メニュー試行錯誤

 

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 09月号 [雑誌]

 本日は稽古日。

 兎に角、生徒達、ひとり一人の空手レベルをアップさせたい。

 そのためには、今行っている練習メニューを全面的に見直さなければならない。

【現在の練習メニュー】

①準備体操

②その場での基本(蹴り上げ、前蹴り、回蹴り、正拳突き、正拳二連突き、正拳三連突き)

③移動基本(順突き、逆突き、順突きの突っ込み、逆突きの突っ込み)

④型

⑤組手の基本

⑥二人一組になって打ち込み

⑦フリーでの組手

⑧整理体操
 

 うーん、すごい。

 私が子供の頃(30年近く前)に道場で行われていたのと、殆ど変わっていないメニューである。

 ハッキリと言って、子供たちの空手に対するモチベーションは全体的に低い。これはもう完全に指導者に原因がある。

 多分、『練習が面白くないから』、というのが、その第一の原因だと思う。

 副支部長という形で支部を預かった以上、子供たちが夢中で取り組めるような、面白くてためになる練習メニューを作っていかなければならない。
 ココで言う「面白い」は、決して「楽ちん」と言う意味ではない。

 苦しいけれどやりきりたい、辛いけれど楽しい、と感じるような
「面白い!」
である。

 で、取り敢えず『ジョージ・コタカのスピード・ドリル(幼児・小学生編)』を参考に練習メニューを組み立ててみた。いや、参考にと言うより、殆ど全パクリで取り組んでいる。

 兎に角、フィジカル面と、組手の基礎力を徹底的に強化したい。

 これからも順次、空手のDVDを仕入れて勉強し、練習メニューをどんどん進化させていく予定である(JK Fanも年間購読を申し込んだ)。

 また、可能であれば出稽古にも出向き、強い道場の練習方法を取り入れていきたい。
 
パクリまくりたい(笑)。

 そうやって試行錯誤していきながら、行く行くは我が支部オリジナルの方法論も培っていくつもりである。

 練習が楽しくなっていけば、きっと試合でも結果が伴って来るんじゃないだろうか。そう言った選手が一人でも二人でも出て来るようになった時、道場全体の雰囲気は変わっていくはずだと私は信じている。

|

« 筋力トレーニングの記録  2012年7月(開始12ヵ月目突入) | トップページ | 水滸伝(上) ☆アラフォーブロガー、確かに「てかげん」は必要無しと感じながらも苦笑いすること »

空手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲロゲロ空手日記 ⑭ 練習メニュー試行錯誤:

« 筋力トレーニングの記録  2012年7月(開始12ヵ月目突入) | トップページ | 水滸伝(上) ☆アラフォーブロガー、確かに「てかげん」は必要無しと感じながらも苦笑いすること »