« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

水滸伝(上) ☆アラフォーブロガー、確かに「てかげん」は必要無しと感じながらも苦笑いすること

 ★★★★★★★★★★×3

 水滸伝 上 (岩波少年文庫 541)

 読了三冊目。

 小学生の頃に読んだ岩波少年文庫版の『水滸伝』を、三十年ぶりに何故かもう一度読み返している。

 いやあ面白いっす。

「以下引用」

(花和尚魯智深、五台山で大あばれすること)より

 近よって見ると、ごく小さな居酒屋だ。魯智深はずいと中にはいると、窓ぎわの食卓に向かって腰をかけ、

「これ亭主、わしは旅の僧だが、一杯たのむ」

といった。亭主は彼の様子を見て、

「和尚さん、どちらからおいでで?」

「わしは行脚の僧で、方々まわってこちらにまいったのだ。一杯つけてくれ」

「和尚さん。もしも五台山のお坊さまでしたら、おことわりいたしますよ」

「いや、わしはそうではないのだ。さあ、はやいとこたのむぞ」

 亭主は魯智深の様子やことばのなまりがちがうので、信用して、

「お酒はいかほどさし上げましょう?」

「いかほどもヘチマもない。大きな碗にたのむぞ」

 立てつづけにおよそ十杯ほども飲んだろうか。魯智深はいった。

「肉はないか? 一皿くれ」

「午前中だと牛肉がございましたが、すっかり売れっちまいました」

 そのとき、プーンと肉のにおいがした。空地に出てみると、塀のところで土鍋に一ぴきの犬をにていたので、智深はいった。

「犬の肉があるじゃないか。どうしておれに売ってくれないんだ?」

「あなたさまはご出家だから、犬の肉なんぞおたべになるまいと思いまして」

「銀子はここにあるぞ」

 魯智深はそういって、銀子を亭主に渡し、

「それを半分くれ」といった。

 亭主は手早く半分だけ切って、ニンニク味噌といっしょに出した。智深大いによろこび、その犬の肉を引きさき、ニンニク味噌をつけて食い、つづけざまにまた十杯ほどもあおった。飲むほどに調子がついて、どんどん注文し、てんでとめどがない。亭主はすっかりあきれてしまって、

「和尚さん、もうそのへんでおよしになったら?」

というと、魯智深はギョロリと目をむいて、

「おれはただ飲みしてるわけじゃないぞ! 何をいうか!」

「あといかほど?」

「もう一桶もって来い」

 亭主は仕方なしに、また一桶くんで来た。

 魯智深はまたたく間にまたその一桶を飲んでしまい、一本だけ食いのこした犬の足をふところにねじこんだ。そして出ていくときいった。

「のこった金の分は、明日また飲みに来るぞ」

 亭主は驚いて、口はあんぐり目はぱちくり、どうしてよいかわからず、智深が五台山へ登って行くのを茫然と見送るばかりであった。

【『水滸伝(上)』 施耐庵 作〈松枝茂夫 編訳〉(1959、岩波少年文庫)】

 子供の頃の私が一番好きになった登場人物が、この花和尚魯智深だった。

 もう、やたらと大酒飲みで、メチャクチャに暴力的である。

 初めて読んだのが小学校の三年生の頃だったので、酒も飲んだ事が無ければ、犬の肉も食った事は無いのに、無性に美味そうに感じられてならなかった。

 編訳者、松枝茂夫氏の「はしがき」に、

『また少年向としてとくにてかげんをすることもほとんどしていません。その必要もありませんでした。というのが、原書はそのままで、大人にも子供にも同様に面白い上に、きわめて健康的な読物だからです。』

と書かれているが、結構えぐい事が(人肉まんじゅうとか)さらさらっと描かれていたりして、思わずこの「はしがき」を思い出して苦笑いしてしまう。

 まあ、でも確かに、「てかげん」は絶対に必要無いと私も思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑭ 練習メニュー試行錯誤

 

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 09月号 [雑誌]

 本日は稽古日。

 兎に角、生徒達、ひとり一人の空手レベルをアップさせたい。

 そのためには、今行っている練習メニューを全面的に見直さなければならない。

【現在の練習メニュー】

①準備体操

②その場での基本(蹴り上げ、前蹴り、回蹴り、正拳突き、正拳二連突き、正拳三連突き)

③移動基本(順突き、逆突き、順突きの突っ込み、逆突きの突っ込み)

④型

⑤組手の基本

⑥二人一組になって打ち込み

⑦フリーでの組手

⑧整理体操
 

 うーん、すごい。

 私が子供の頃(30年近く前)に道場で行われていたのと、殆ど変わっていないメニューである。

 ハッキリと言って、子供たちの空手に対するモチベーションは全体的に低い。これはもう完全に指導者に原因がある。

 多分、『練習が面白くないから』、というのが、その第一の原因だと思う。

 副支部長という形で支部を預かった以上、子供たちが夢中で取り組めるような、面白くてためになる練習メニューを作っていかなければならない。
 ココで言う「面白い」は、決して「楽ちん」と言う意味ではない。

 苦しいけれどやりきりたい、辛いけれど楽しい、と感じるような
「面白い!」
である。

 で、取り敢えず『ジョージ・コタカのスピード・ドリル(幼児・小学生編)』を参考に練習メニューを組み立ててみた。いや、参考にと言うより、殆ど全パクリで取り組んでいる。

 兎に角、フィジカル面と、組手の基礎力を徹底的に強化したい。

 これからも順次、空手のDVDを仕入れて勉強し、練習メニューをどんどん進化させていく予定である(JK Fanも年間購読を申し込んだ)。

 また、可能であれば出稽古にも出向き、強い道場の練習方法を取り入れていきたい。
 
パクリまくりたい(笑)。

 そうやって試行錯誤していきながら、行く行くは我が支部オリジナルの方法論も培っていくつもりである。

 練習が楽しくなっていけば、きっと試合でも結果が伴って来るんじゃないだろうか。そう言った選手が一人でも二人でも出て来るようになった時、道場全体の雰囲気は変わっていくはずだと私は信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋力トレーニングの記録  2012年7月(開始12ヵ月目突入)

20127
20127_4

【トレーニング開始から11ヶ月が経過した時点での身体】

 成長しているのだろうか。もうじき一年が経過する。筋トレの面白さは衰えない。

2012年7月の筋トレメニュー

(準備運動)


 スクワット 40㎏10回 55㎏10回 65㎏10回 70㎏10回 70㎏10回
 フォワードランジ 自重 30秒キープ 2回
 カーフレイズ 加重20㎏ 両足20回3セット
 レッグエクステンション 20㎏12回3セット
 レッグカール 10㎏12回3セット


 バーベルベンチプレス 
 (フラット)40㎏12回 55㎏10回 65㎏5回2回1回 55㎏4回
 (インクライン)40㎏8回
 (ディクライン)55㎏5回
 プッシュアップ7回
 ディップス 10回
 ダンベルフライ 7㎏12回 10㎏10回10回


 コンセントレーションカール 10㎏10回3セット
 バーベルカール(Wバー)17.5㎏ 12回
 ハンマーカール(トライセプスバー)12.5㎏8回3セット
 ライイングトライセプスエクステンション 7㎏12回 10㎏7回 7㎏10回7回
 リバースディップス 自重12回3セット

背中
 デッドリフト 40㎏10回 60㎏10回 70㎏10回 80㎏10回 90㎏10回
 ワイドグリップチンニング 自重 10回5回4回4回
 懸垂 自重 7回 3回 
 ベントオーバーローイング 40㎏ 12回3セット
 ワンハンド・ダンベルロウ 10㎏12回3セット


 サイドレイズ 3㎏12回3セット
 フロントレイズ 3㎏12回


 シットアップベンチ 自重12回 3セット
 クランチ 20回

前腕
 ハンドグリッパー 50㎏20回 3セット 40㎏20回 素手100回
 リストローラー 2.5㎏3往復

ボディーサイズ
 身長173㎝ 体重74.6㎏ 体脂肪率15.9% 筋肉量59.5㎏ BMI25.1

 夏の暑さでちょっとモチベーションが下がりそうにもなるが、筋トレ仲間や、筋トレブロガーの記事に勇気づけられて頑張っています。

 尚、2011年の8月から始めた筋力トレーニングの成果を、カテゴリー:ゴリマッチョに至る経過で御覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑬ 四十にして疲れる(誕生日が来るまでは三十九だけどね)

 

月刊 空手道 2012年 08月号 [雑誌]

 本日は稽古日。

 何でも、私の支部には月に一回の割合で、型で国体に出場する先生(女性)が稽古をつけに来てくれるそうだ。
 副支部長なのに知らんかった(笑)。

 その、「月に一回」が本日だった。

 と言う事で、私は本日は生徒になったつもりで稽古に励んだ。

「まずは移動基本から!」

 挨拶の後、先生の号令に合わせて基本を行った。

「順突きの突っ込み、蹴りを入れて!」

「セイヤア!」

 道場で一番、必死に練習しているのは私だった。そして、一番楽しんでいるのも私だった。道場の床が、私の汗でビショビショになった。

「先生の汗スゴッ!」

 小休止の時に子供たちが大騒ぎしていたが、集中しきっている私は何も答えてやれなかった。

「集合!」

 小休止の後、型の練習が始まった。

「今日はまず、平安五段から!」

 昔は、型なんて大嫌いだったのに、今はそれなりに好きになっている。でも、やっぱり組手がやりたいけれどね……。

 初対面の私に遠慮しているのか、先生は私には殆ど指導してくれなかった。私は型が下手くそなので、直す所は沢山ある筈だ。

「先生、おかしな所はバシバシ指摘して教えて下さい。お願いします」

 二回目の小休止の時、私は先生にお願いした。

「それでは、クーシャンクー!」

 私が現役の頃とは、微妙に違う部分、動作がいくつかあった。

 面白い。

 体捌きの方法も解説してくれて、非常に興味深い。

『実戦ではどう使うのだろう?』

『本当の本来の意味は何なんだろうか?』

 って思いを馳せながらも、身体を思いっきり動かす。

 乱れる呼吸、ほとばしる汗、メッサ苦し楽しい。
 身体の重さは無視した。

「最後にチントウ!」

「押忍!」

 二時間、みっちり稽古しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ筋トレ日記 ⑪ パーソナルトレーニング二回目

 

『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2012年8月号

 先日、パーソナルトレーニングの二回目を受けてきた。

 ジムに入ると直ぐさま、「今日はどのようにやりますか?」と、トレーナーに聞かれたので、私は、デッドリフトスクワットハイクリーン正しいフォームを身につけたい旨を伝えた。

「ハイクリーンですか?」

「はい、ハイクリーンです。何でも、打撃系の格闘技をする人には有効な種目だと聞いたんで……」

「そうですね。確かに打撃系の格闘技をしているのなら、ハイクリーンは是非取り入れたい種目ではあります。判りました」

 トレーナーには私が空手(打撃系の格闘技)をやっている事は伝えていなかったが、何故か何も聞いては来なかった。

「じゃあ、いつも通りのやり方でハイクリーンをやってみて下さい」

 トレーナーは携帯で私のフォームを撮影し、それを再生して見せながら解説してくれた。

「膝関節と股関節を同時に伸ばすように意識して下さい」

 トレーナーの指導は非常に判りやすかった。

「今まで、ケガをしなかったのは運が良かったと思います」

 自分ではユーチューブを見たり、雑誌で勉強して、それなりなフォームで出来ていると思っていただけに、嬉しい驚きだった。それでこそパーソナルを受ける意義があるというものだ。

 みっちりハイクリーンの指導を受けてから、スクワット、デッドリフトを教えて貰ったが、ヘロヘロのヘロヘロになってしまった。が、楽しい。

 パーソナルトレーニング、月いち程度で通って行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロゲロ空手日記 ⑫ 五歳の息子を道場に入門させました

JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2012年 08月号 [雑誌]

 今日は空手の稽古日。

 本日より、五歳児の息子を道場に入門させた。

 道場に連れて行く前に、「道場では、パパじゃなくて、先生って呼ぶんだよ」と言い聞かせておいた。

「パ、あっ! せんせい!」

 途中、一度間違えそうになったが、練習が終わる頃には、私を「先生」と呼ぶことにも慣れたようだった。

 本日は練習の締めに、子供たちに相撲を取らせる事にした。

 私は、空手を習いにきている子供には、まず第一に喧嘩に強くなって貰いたいと思っていて、相撲は、そのためにも絶対に必要な訓練だと考えている。

「ハッケヨーイ、残った!」

 二人一組になって向かい合わせて号令を掛けた。

『ええっ?』

 子供たちはみんな、あり得ないほどに相撲が下手くそだった。多分、今まで、相撲なんて取った事が無いのだろう。
 まあ、気長に、取り組ませていこうと考えている。

 今の空手は投げ技もどんどん取り入れられているから、子供の頃から相撲をさせることによって強い足腰を育てておけば、最終的には競技にも生きてくる筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »