« 星マークについて | トップページ | ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記 ③ »

「人体の謎」未解決ファイル

 ★★★★☆☆☆☆☆☆
 一冊、読了。

 題名を見た瞬間に、コンビニで衝動買いした。

 まだ、科学的に解明されていない「人体の謎」、文句なしに面白そうである。

 人体の構造、働きなどの解剖生理は、学べば学ぶほど奥が深く、まさに驚異の世界である。

 期待して読んだが、本書のトリビア度はあまり高くない。

 私が面白いと感じたものを抜き出すと以下の通り。

・右利き、左利きが決定される原因。
 遺伝的な要因によるというもの、教育による矯正が原因、胎児期に浴びたホルモンの影響で決定される等、諸説あり。解明されていない。

・大便とガスをどのようにして分けて出しているのか。
 無意識のうちに大便かガスかを脳が判断を下し、自律神経が外肛門括約筋をコントロールし、便の場合は筋肉を大きく弛め、ガスの場合は少しだけ弛めるというメカニズム。

・あくびをする理由。
 酸素不足が原因による深呼吸のため。(この説は、血液中の炭酸ガス、酸素濃度を変えた実験により殆ど否定された)
 現在のところ有力とされているのは、口を開けて顎の筋肉を伸ばすことで、血管の収縮と拡大を行って疲れを和らげているというもの。

 星四つ。

【『「人体の謎」未解決ファイル』 日本博学倶楽部〈にほんはくがくくらぶ〉(2009年、PHP文庫)】

|

« 星マークについて | トップページ | ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記 ③ »

書籍 ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人体の謎」未解決ファイル:

« 星マークについて | トップページ | ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記 ③ »